Top > カステラの歴史

カステラの歴史


キャラメルカステラ0.6号+個包装(抹茶、いちご、チーズ)各1袋♪【初めての方限定】本場長崎...

 

カステラの名は、ポルトガル語の「ボロ・デ・カステラ(bolo de Castella/スペイン・カスティリャ地方の菓子)」からきています。

カステラの原型となった料理の正体は、実は現在でもよくわかっていません。しかし一説によると、大航海時代にスペインで生まれた「ビスコチョ」、もしくはポルトガルの菓子「パン・デ・ロー」が原型だと言われています。ちなみにこれらの菓子は、現代でも現地で親しまれています。

カステラは、日本に伝えられた当初は、今のカステラとは大分違ったものだったようです。しかし長崎を中心とした日本各地の職人たちの手によって、しだいに日本人の口に合うような菓子に作り変えられ、現代のカステラとなっていきました。

カステラはこのように、今ではすっかり日本のお菓子となりました。そして日本には今もカステラの老舗なるものが複数存在し、多くの人の舌を楽しませているというわけです。

 リストラ対策  沖縄でのお勧めの食事  沖縄のホテルの口コミ情報
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
カステラとは(2009年8月17日)
カステラの歴史(2009年8月17日)
カステラの基本レシピ(2009年8月17日)
カステラのレシピ オーブン不使用の場合(2009年8月17日)